行政書士橋詰事務所行政書士橋詰事務所 『気軽に相談できる相談所』として、無料相談を実施しております。
不倫・浮気問題相談所
不倫・浮気に関する何でも相談所
〒553−0003  大阪府大阪市福島区福島8丁目8番3号ランドマーク福島ビル704号室
電話番号:0664583621
行政書士には御依頼者・御相談者の守秘義務がありますので、どのような事でもお気軽に相談して下さい。
※ 争い事が発生した場合、代理人を立てたい場合は弁護士をご紹介致します ※
※ 併設オフィス  ライフサポートオフィス アクア ※
業務案内 (参考事項含む)
配偶者の不倫・浮気
内縁相手の不倫・浮気
婚約相手の浮気
交際相手の浮気
不倫・浮気をしている方

依頼・相談費用について
相談費用
サポート依頼費用

無料相談について
無料メール相談
無料電話相談 
初回無料面談相談

事務所案内
事務所紹介
代表紹介
地図・写真紹介

LINK
運営サイト
サイトマップ
不倫・浮気問題相談所
不倫・浮気問題相談所 大阪市福島区にある「行政書士橋詰事務所」は、『気軽に相談できる相談所』として、豊富な実務経験、実績を活かし、不倫や浮気に関する問題で悩まれている方、困られている方をアドバイス、サポート致します。

どんなことでも構いません。お気軽にご相談下さい。


行政書士法その他の法令で制限されている業務についてはお受けできません。
行政書士は、行政書士法に定められた書類作成や書類提出、相談等を業務にしております。
特別な専門的知識・経験を必要とする内容のご相談についてはお答えできない事があります。

不倫・浮気の判断基準

一般的に「不倫・浮気の判断基準」は、人によって異なります。
「私以外の異性と食事をしたら不倫・浮気」と判断する人もいれば、「私以外の異性とキスをしたら不倫・浮気」と判断する人もいます。
ただ、慰謝料請求や離婚をお考えの方は、『自分基準の不倫・浮気』で慰謝料請求できる、離婚できると決めつけないで下さい。

法律における不倫・浮気の判断基準 法律において「不倫・浮気の判断基準」は、『不貞行為』です。
不貞行為とは、
「配偶者が、自由な意思に基づいて、配偶者以外の者と性的関係を結ぶこと」です。
簡単に言えば、
「夫(妻)が、妻(夫)以外の女性(男性)と肉体関係をもつ(性交渉する)こと」です。

慰謝料請求や離婚をお考えの方は、『自分基準の不倫・浮気』ではなく、『不貞行為』で判断して下さい。

不倫・浮気の証拠

最近、「不倫・浮気の証拠がなくても慰謝料請求できる」と広告しているサイトが増えています。このサイトが書いている事は間違いではありません。証拠がなくても「慰謝料請求」はできます。
ただ、大きな落とし穴があります。


不倫・浮気の証拠 慰謝料請求をした相手が、不貞行為を認め、請求通りに慰謝料の支払いに応じれば問題はありません。
しかし、慰謝料請求をした相手が「不貞行為を認めない」「慰謝料の支払いに応じない」「請求額に応じない」「回答しない」などの場合、
「慰謝料請求」はできても「慰謝料を支払わせる」ことはできません。
そして、そのような相手に「慰謝料を支払わせる」ためには、裁判所を介して争い、解決を図らなければなりません。
裁判所を介して争う(調停、訴訟)場合、慰謝料請求する側が不貞行為があったことを立証しなければならないため、『不倫・浮気の証拠』がなければ厳しい判決になる可能性があります。

簡単に言えば、「慰謝料請求」が目的ではなく「慰謝料を支払わせること」が目的であれば
『浮気・不倫の証拠』は必要ということです。
「不貞行為を認めない」「慰謝料の支払いに応じない」「請求額に応じない」「回答しない」場合を想定して、慎重に行動、判断をして下さい。軽率な行動をしたことによって、『不倫・浮気の証拠』を隠蔽され、「慰謝料を支払わせること」ができない最悪なケースもありますのでご注意下さい。

無料相談

無料相談とは・・・ 国家資格者である行政書士がお受けします。

「無料相談」は、相談者のご不安を少しでも和らげられればと思い、
「問題解決のきっかけ」としてお受けしています。
頂いた御相談に対しては、出来る限り丁寧に回答致します。

●詳細は『無料メール相談』『無料電話相談』『初回無料面談相談』をご覧下さい。
当サイトはリンクフリーですが、公序良俗に反するサイト、アダルトサイトその他行政書士橋詰洋一が不適当と判断したサイトにはリンクをお断りする場合があります。当サイト内におけるすべての名称、文章、画像、情報の無断での転載、複製、引用等を禁止します。また当サイトはご利用者の自己責任においてご利用頂くようお願い致します。当サイトのご利用において生じたいかなる損害に対しても行政書士橋詰洋一は一切責任を負いません。また予告なく内容を変更する事があります。
Copyright(C)行政書士橋詰事務所All rights reserved